お客様のための地域密着型総合デベロッパー。 お住まい選びのことならイーストリーフにお任せ下さい。

株式会社イーストリーフ

メニュー

ローンが残っている マンション買い替えポイント

 

季節は紅葉の時期となり、今年も残すところ2ヶ月となりました。季節の変わり目は体調を崩しやすいのでお気をつけ下さい。

 

さて、今回は住宅ローンがまだ残っているけど、もっと広くて便利な物件に買い替えたい。そんなときの基本的なポイントについて、解説いたします。

 

 

「住めば都」というけれど、ライフスタイルに合わせた住み替えを

若い時に住宅ローンを組んでマンションを買ったものの、家族も増えたので、そろそろもっと広くて駅に近いマンションに買い替えたい。あるいは、一戸建てに住み替えたい。そんな方も多いのではないでしょうか?住まいは結婚・出産・育児などのライフスタイルの変化によって、本来は自分に合ったものに住みかえていくべきものとも言えます。「住めば都」などと言いますが、住まいに自分を合わせるのではなく、自分に住まいのほうを合わせる。そう考えると、「買い替え」というのは自然な発想といえるでしょう。

fig-top

今、住んでいるマンションのローンを完済するには?

さて今住んでいるマンションのローンがまだ残っているのに、次の物件を住宅ローンで買うには、いくつか検討すべきことがあります。次の物件を現金で買えれば問題はありませんが、まず普通はそうはいきません。となると住宅ローンを検討したいのですが、前の住宅ローンが残ったままで、次の住宅ローンを組むことが出来ないのです。そこで前の住居を売却して、抵当権の解除を行うことになります。ここで、完済できれば話は単純です。しかし売却しても住宅ローンを完済できないことがあります。例えば4,000万円の住宅ローンを組んで1,000万円返済済み。この時3,000万円以上でこの物件が売れればいいわけですが、2,000万円でしか売れない・・・とすると1,000万円足りない。とはいえ1,000万円なんて手元にない、そんな時は買い替えローンを検討しましょう。こうした残債がある場合は、税金から売却損を控除する優遇税制もあるので、よく調べておきましょう。

money01_a05

売ってから買うか、買ってから売るか

上記のように、売却での抵当権の解除が次の住宅ローンの設定には必要ですから、「売ってから買う」のが理想です。ところが早く売ってしまうと買った物件に住むまでに、賃貸を借りる必要性が生じることがあり、さらに出費が発生してしまいます。

さて、買い替え時には中古物件を買うと言う方法も選択肢に加えてみましょう。新築は買った瞬間に中古になります。先ほどの例でも、最初の物件を新築で買っ たものの、売る時には中古としてかなり資産価値が下がってしまったために、残債が多いという状態になってしまったとも言えます。次の物件を選ぶ際には、あまり資産価値が下がらない物件を選ぼうと考えると、中古物件もひとつの選択肢です。これから売ろうとするご自身の物件も中古物件ですから、同じ不動産会社に売却と購入を依頼することで、両者のタイミングや事情の調整なども要求しやすくなるかもしれません。「売る時の事を考えて買う」これもひとつのポイント です。

 

 

弊社でもマンションからの買い替えで売却のお手伝いをさせていただき
弊社の新築一戸建てを購入していただいたお客様が多数おります。
売却ができない場合でも弊社での買い取りをおこなうことができますので
買い替えの際はご相談だけでも構いませんので、まずは弊社にお気軽に
ご連絡ください。

 

TOP
Fudousan Plugin Ver.1.6.4