お客様のための地域密着型総合デベロッパー。 お住まい選びのことならイーストリーフにお任せ下さい。

株式会社イーストリーフ

メニュー

お店出店をお考えの方必見!!

こんにちわ!

イーストリーフの津畑です! 🙂 

 

やっっと、、!

暑い夏が終わりを告げ、昼間でも肌寒さを感じてきました。

さみしいような嬉しいような、、複雑な感情です。 🙄

 

 

「複雑 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

僕は10月に宅建の試験が控えているので、

気を引き締めて勉強に励んでいきます!

 

 

 

 

「勉強 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

それでは今回は、お店出店をお考えの方必見です!

 

 

事業用の賃貸物件を借りる際に注意すべきポイントや、

居住用とは違う初期費用のご説明をいたします! 😆

 

 

 

「出店 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

事業用賃貸と居住用賃貸?

 

 

最初に事業用の賃貸物件と居住用の賃貸物件の違いをご説明いたします! 🙂

 

 

 

「違い フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

1.事業用賃貸物件

 

事業用賃貸物件というのは、主に収益を得ることを目的に利用される賃貸物件をさします。

収益を得ることを目的とされているが故に、根本的に居住用と契約の内容が大きく変わっていきます。

 

 

 

【居住用】敷金:1ヶ月

【事業用】保証金:5ヶ月 解約時:1ヶ月償却 など…

 

 

 

 

もちろん内装の設備なども、事務所に適した形又は店舗にしやすい”スケルトン”という形に

なっている物件がほとんどです。

 

 

また物件によっては、居住自体がNGの物件も多いです。

 

 

「だめ フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

2.居住用賃貸物件

 

こちらは、事業用とは逆に住むこと(居住)を目的に利用される物件です。

 

 

 

居住用物件は、

住むことを目的とされているので生活設備は一通り揃っています。

 

 

 

皆様が普段生活されているお家、それが居住用物件です。

 

 

 

またこちらも居住用となっていますので、

借りている賃貸物件を突然店舗や事務所にしてしまうと、

 

 

 

トラブルの原因になったり最悪の場合、契約解除。。

なんてことになってしまうことがあります。。。

 

 

 

「最悪 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

事業用賃貸物件と居住用賃貸物件の違いを簡単まとめますと、

 

 

・契約内容

・物件自体の形や設備

・使用に関しての制限

 

 

と他にも細かな違いはありますが、

だいたいはこんな違いです。

 

 

 

また契約内容は物件によって内容または制限も条項などで変わりますので、

賃貸物件を借りる際は要チェックポイントです!

 

「要チェック フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

初期費用はどれくらいかかるの??

 

 

 

 

次は契約時にかかる初期費用についてです!

 

 

 

 

居住用物件の初期費用は、

引越しをされたことがある方であればおおよそのイメージはつくと思います。 😕

 

 

家賃7万円前後:15万~25万円など

 

 

 

 

 

 

しかし事業用物件となると、ほとんどの方が借りた経験はなくイメージが難しいと思いますので、

ここでご説明いたします! 😯

 

 

「説明 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

まず契約時にかかる費用を項目別にご紹介していきます。

 

 

 

・家賃&前家賃

 

⇒ここは居住用の物件と変わらずにかかる費用です。通常1ヶ月~2ヶ月。

 

 

 

 

・礼金

 

⇒オーナー様に支払うお金です。通常1ヶ月~3ヶ月、稀に無しもあります。

 

 

 

 

・保証金(敷金)

 

⇒物件にキズや退去時に原状回復に当てられるなどその名前の通り物件を保証するお金です。

通常3ヶ月~10ヶ月。 そこから退去時に1ヶ月償却などが多いパターンです。 😯

 

 

 

 

・仲介手数料

 

⇒仲介を請け負う不動産屋に支払うお金で、通常1ヶ月です

また場合によっては不動産屋が貸主(オーナー)のケースもあるので要確認です!

 

 

 

 

・保証会社利用料

 

⇒こちらは家賃が払えなくなってしまった場合の不測の事態に家賃保証をしてくれる

保証会社に支払う保証料金です。

 

通常初回月額賃料の総額の100%です。※共益費なども含んだ金額

事業用の物件は基本的には保証会社を利用して頂くケースがほとんどです。

 

 

 

・火災、家財保険

 

⇒天災や不慮の事故などで物件や入居者様の家財などにかける保険です。

こちらは物件の大きさや搬入する機材などによって大きく変動するので、

一概に金額は出せません。

 

 

 

 

以上、6項目は必ずと言っていいほど契約時にかかってきます。

 

 

他にも軽微なものだと、

鍵交換費用、退去時清掃代などがかかる物件もあります、、 😥

 

 

 

 

一見、居住用の初期費用と変わらないように見えますが、、

 

 

 

保証金や保険料が居住用とは異なりますので

その分初期費用の金額が大きくあがります。 😀

 

 

 

「あがる フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

また業種によっては、内装を作りこむのに別途大きな費用がかかるので

 

店舗や事務所を借りるために内見をした際は、

必ず初期費用の見積もりをつくって頂くことを強くオススメします!

 

 

 

「大切 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

相談だけしたい。。。

 

まだ確定はしていないが、

出店起業をお考えの方!

 

 

 

「悩む フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

些細なご相談・ご質問でもお受けいたします。

 

 

 

何かございましたらぜひご連絡ください!

「待つ フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

以上、イーストリーフ津畑のブログでした!

 

 

「お辞儀 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

TOP
Fudousan Plugin Ver.1.6.4